【重要】サロンの衛生について

サロンでの衛生管理として、紫外線消毒やアルコール消毒も行っていますが、一番活用しているのが次亜塩素酸水です。

次亜塩素酸水の説明は知人の山梨のヘアサロンの方がわかりやすい説明をしているので、了承を得て下記に転記してありますので、ご一読ください。

当サロンでは、換気も極力気を付け、器具の消毒も注意しております。

接客の際は、スタイリストはマスクを着用して施術いたします。

当サロンは、元々パーテーションで区切られているため、お客様同士が近付く場面は少ないサロンですが、平日などでなるべくお一人での施術をご希望の場合は、当日にお電話でご連絡していただきたいと思います

※なるべくご希望の添えるよう努力いたしますが、どうしても施術時間が重なる場合もあると思いますので、その際はご了承ください。

お客様にはなるべく安心してご来店いただきたいと思いますので、ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

=次亜塩素酸水の説明です=

(もちろん、アルコール消毒、スチーム消毒、紫外線消毒など法定消毒やった上での話しではありますが)

お店でお客様の手のひらやドアノブを消毒しているお薬

「次亜塩素酸水」という薬剤です。

漂白剤の次亜塩素酸ナトリウムと似た名前ですが実は全く違うものです

ウィルスに効果のあるとされるアルコールですが、これはエンベロープウイルス類
(コロナ・インフルエンザ)など有効で、報道でもよく紹介されます。

ノンエンベロープウイルス類
(ノロ・肝炎)などは、ハイターなど次亜塩素酸ナトリウムを使わないと駄目というのは有名ですよね。

さらにエイズウィルスとなるとハイター原液でも無理

そこで次亜塩素酸水となるわけです。

???

あれ、ほんのり塩素の匂いするだけで、ハイターより強力?うそでしょ

と、思われる方もほとんどだと思いますが

実は塩素はアルカリより、微・弱酸性のほうがパワーがずっと上がるんです

これは、厚生労働相のホームページにはっきりデータとして公表されています

そして次亜塩素酸は

実は白血球が外敵侵入する際に自ら作り出す

「武器」

つまり、自分たちの身体に有るものなんです。

コロナを自力で治してるっていうのは

白血球が次亜塩素酸使って 戦ってるわけです。

なので手荒れもなく安心して使える最強とも言えるお薬としてお店で使用しております

なにも安心出来ない世の中ですが

お店の中ではどうかおくつろぎくださいませ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です